赤ちゃんの夜泣き対策について

日中の過ごし方が大切

赤ちゃんの夜泣きには、日中の過ごし方も気をつけましょう。
赤ちゃんが運動不足だと、元気が有り余って夜はなかなか寝付いてくれなかったりしますし、夜泣きをしてそのまま目が覚めてしまう場合があります。
そんな理由でよく夜泣きをしてしまう赤ちゃんは、晴れている日中はなるべく外に連れ出してあげましょう。

 

大人の場合もそうですが、適度な運動と疲れが赤ちゃんをぐっすり眠らせてくれることにつながります。

 

昼寝の時間に注意

 

日中は、近所の公園に行ったり、お買い物したり、散歩したり、できれば1〜2時間位は外で過ごせるといいと思います。

 

ベビーカーで近所を散歩するだけでも家にこもっているよりは、ずっといいと思います。しかし気をつけることは、その日に一度に赤ちゃんが初めて体験することがたくさん重なったりすると、逆に興奮して、夜泣きの原因になってしまう場合があります。

 

また、日中のお昼寝が長すぎる場合も、夜に目が冴えて寝付いてくれなかったり、これも夜泣きの原因になったりします。お昼寝は赤ちゃんによって長さや時間帯、回数が異なると思いますが、赤ちゃんの月齢に合わせた、最適なリズムを作ってあげることが大切です。

 

夜泣きはあまり深刻に考えない

赤ちゃんは自分の意思や気持ちを言葉で伝えることができません。

 

「泣く」ということでパパやママに自分の気持ちを伝えています。パパやママも大変だと思いますが、泣くことが成長の証と思って頑張って乗り越えていきましょう。

 

また以上のように赤ちゃんの夜泣きで思い当たる原因を取り除いても、なお夜泣きが続くようなら、知恵がつく時期のオーバーヒートと思って、寝てしまうのもひとつの方法です。

 

ママの寝不足は赤ちゃんと一緒の昼寝で補えばいいでしょう。