赤ちゃんの嘔吐について

赤ちゃんが嘔吐をする原因

赤ちゃんの嘔吐は、生理的なものから病的なものまで様々なので、病的かどうかの判断は難しいものです。基本的には、症状がある時は小児科にかかって診てもらうことが大切ですが、症状が軽度で、お子さんの機嫌や活気が良いときは、家庭で少し様子をみてもよいでしょう。

 

赤ちゃんが嘔吐する原因について様々考えられますが、まずは胃の構造に原因があります。
赤ちゃんの胃は縦長になっており、胃の上部にある噴門部(食べ物や飲み物の逆流を防ぐ部分)の筋肉がまだ発達してないために、咳や泣いた時、ミルクの飲みすぎなどでも吐くことがあります。
これは生理的な嘔吐なので、赤ちゃんの機嫌がよければ、心配ないことが多いのですが、持続する嘔吐や、噴水状の嘔吐、吐物に血液が見られる場合、全身状態や機嫌が悪い時などは病的です。
嘔吐は病気ではなく症状なので、原因により重症度も緊急度も異なります。いつもと違う様子のときは、必ず小児科を受診しましょう。

状態によって対処を考える

赤ちゃんが嘔吐をしても、自宅で少し様子を見てほしい症状
  • 吐いていない時は元気がある。
  • 軽い吐き気はあるが、他に変わった様子はなく、機嫌もいい。
診察時間に受診させて欲しい症状
  • 赤ちゃんがひんぱんに吐く。
  • ミルクを飲ませた後に勢いよく吐く。
  • 吐くことを繰り返すが、食欲もあり、水分もとれる。
診察時間外でも、受診させる症状
  • ぐったりしていて元気がなく、立て続けに吐く。
  • 赤ちゃんの顔が青ざめている。
大至急、急患で病院に連れて行く症状
  • 赤ちゃんがぐったりしていて、急に泣き治まってまた激しく泣くことを繰り返す。
  • 高熱や下痢を起こし、激しく吐く。水分がとれない。

赤ちゃんの嘔吐にも様々な症状が見られることがわかりますね。下痢も伴う場合、脱水症状にならないよう水分の補給が大切です。
赤ちゃんが吐いたときは、慌てずに対処し、どんな症状であっても早めにお医者様に診断してもらうようにしてください。

 

風邪だけでなく、嘔吐から考えられる様々な病気もあります。自分で判断するのではなく、赤ちゃんの体調が少しでもおかしいと感じたら、迷わず病院に行くようにしましょう。