赤ちゃんの発熱

赤ちゃんは熱が上がりやすい

赤ちゃんの発熱は、一般的にウイルスや細菌が体に入ると、その増殖を防ぐために熱が出ます。
赤ちゃんは新陳代謝が盛んで大人より平熱が高いので、熱が上がりやすいということもありますし、体温機能がまだうまく機能しない赤ちゃんの場合、環境や気温の変化でも熱が上がりやすいものです。
赤ちゃんの発熱について勉強して、急な発熱にも慌てないようにしましょう。

熱があっても慌てない

赤ちゃんの発熱に対処するには、まずお母さんが慌てないようにすることが大切です。赤ちゃんの発熱が深夜に起きたり、急に39度も熱が出たり、発熱によって嘔吐したり、初めての場合はとても慌ててしまうものです。

 

 また赤ちゃんが発熱しているかどうか、そんな時お風呂の入浴はいいのか、赤ちゃんの発熱で病院にへ行くべきなのか?など、慣れないうちは判断がつかないですね。大切な赤ちゃんを守り、急な発熱にも慌てないために、大切な赤ちゃんの平熱や熱が上がる時間帯など事前に勉強しておくことが大切です。

赤ちゃんの平熱を知る

赤ちゃんが発熱しているのかどうか判断し対処するには、一般的には平熱よりも「1度以上」高いときは、赤ちゃんの体になんらかの不調があるのではないか?と疑っていいと思います。赤ちゃんの平熱は大人と比較して高いのですが、大体36.5度〜37.5度の間が平常値といわれています。

 

 しかしミルクを飲んだ後や眠くなったりすると体温が高めになったりします。慣れていないとそんな時に発熱しているのでは?と心配しがちですが、普段から赤ちゃんの平熱をしっかり記録し知っておくことが大切です。

 

また体温は室温にも影響されるし、検温の時刻によっても上下します。一般に午前中は低く午後は高めになります。また水銀体温計、電子体温計によっても差がありますので赤ちゃんの熱を測るときは以下のことに注意が必要です。

 

@体温計はいつも同じものを使用する。

 

A毎日同じ時間、同じ条件で測る。ということが原則です。

 

まず@起床直後 A正午 B夕方 C就寝前 の合計4回測り記録しておきましょう。