家庭における赤ちゃんの湿疹対策

湿疹の状態に注意!

赤ちゃんに口内炎が出来ている時は、離乳食の内容に注意しなければいけません。
また、湿疹はかきむしらないようにお母さんが工夫してあげることが大切です。
このように赤ちゃんの湿疹の状態によってきちんとケアしてあげることが大切です。

湿疹の症状で対処が違う

■口内炎のときの離乳食

口の中の湿疹は、離乳食があたって痛がったり、口を開くのがつらかったりします。離乳食は、ふだんより柔らかめにし、口あたりや喉越しがいいようにお母さんが工夫して与えるようにしましょう。かんきつ類やお醤油などは、口内炎がしみることもあるので注意してください。

 

■赤ちゃんが、かきむしる時

赤ちゃんは、かゆみがあると、湿疹をひっかいてしまいます。かくことによって症状が悪化するので、つめは短くしておきましょう。赤ちゃんのつめは小さく薄いので、はさみ型のつめ切りを使うようにして下さい。

 

爪を切るときは、しっかり押さえ手や指が動かないように注意しましょう。赤ちゃんが寝ているときに切るのが安全かもしれません。

 

■あせもが出来た時

赤ちゃんのあせもは、室温が高すぎたりすると汗が原因であせもが出ます。汗で症状が悪化しかゆみが増すことがあるので、室温を上げすぎないように気をつけて下さい。

 

ときどき赤ちゃんの肌に触れ、汗をかいていないかチェックします。背中は汗をかきやすいのですぐにわかるでしょう。汗をかいていたら着替えをさせ、いつもさらさらの状態にしておくことが大切です。

 

■脂漏性湿疹の時

赤ちゃんの分泌された皮脂がたまると脂漏性湿疹の原因になります。体だけでなく頭も石けんで洗い流し清潔にしてあげましょう。石けんが体に残らないようにきちんと流すようにしてください。また水道の塩素も赤ちゃんの肌を荒らす原因になるので、できれば塩素を除去する浄水器やシャワーなどを使用するといいでしょう。

 

■ほっぺがカサカサの時

乾燥した空気や冬の寒気は、敏感な赤ちゃんの肌を刺激します。出かける時などは、ほおや手足などの外気に触れる箇所に保湿クリームを塗り、赤ちゃんの肌を守ってください。

 

■はしかや水ぼうそうの時

はしかや水ぼうそうにかかった時は、他の赤ちゃんに移るので接しないようにしなければなりません。また、赤ちゃんの免疫力も落ちているので、他の病気に感染することもあります。外出はしないようにしてください。