赤ちゃんの便秘の原因

赤ちゃんの便秘の判断基準

赤ちゃんが便秘かどうかの判断については、そもそも赤ちゃんは「うんち」をうまく排泄できませんので、まだ生後間もない時期は便秘と断定するのは難しいものです。

 

そして大人と同じく、赤ちゃんにも排便の頻度には個人差があり、毎日排便がある子もいれば、2〜3日に一回なんて赤ちゃんもいます。

 

さすがに便秘が一週間も続く場合は病院にて受診するべきですが、とりあえずの判断基準は、赤ちゃんが機嫌が良いか悪いか、または便が硬くなりすぎて排便の際にかたいウンチで肛門が切れて痛がる(血が出る)などの場合は便秘と判断できるので、お母さんなりに観察が必要です。

 

赤ちゃんが2ヶ月、3ヶ月と成長するにしたがって、赤ちゃんの排便がどれくらいの頻度なのかが分かってきますので、便秘かどうかの基準を設けて対処すればいいと思います。

便秘になる原因

赤ちゃんの便秘の原因は、母乳よりミルクを飲む回数が多い場合や、離乳食に切り替わった時など、またずっと同じ姿勢が多いときとか、ゲップが出ないなどでストレスを感じている場合、また大人と一緒ですが、睡眠時間が少ない、寝る時間が遅いなど生活が不規則な時などが考えられます。

 

とにかく赤ちゃんが便秘で機嫌が悪いと感じたら、生活習慣を見直す、または病院で相談してみることも必要です。