赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の治療法

必ず医者に見てもらう

小児科や皮膚科に行くと赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の写真を見ることもありますが、見た目が似ていてもアトピーかどうかは判断できません。

 

ですから湿疹が長引いたり、皮膚がただれてきたときは、必ず医師の診断を受けに行きましょう。アトピー性皮膚炎は皮膚科でも小児科でも判断できますので、早めに診てもらうことが大切です。

 

 

PR:赤ちゃんのアトピー対策に!

 

アトピーと診断されたら

医師によるアレルギーテストの結果で、赤ちゃんが、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関与があり、原因となる食物がはっきりしている場合。また除去する必要があると判断された場合は、その食物を食べないようにします。

 

そして、処方された薬を正しく塗ることが大切です。大切な赤ちゃんに、ステロイド剤に対する恐怖心を持つお母さんも多いようですが、ひどいアトピーなら、ある程度症状が軽快するまで使用し、その後は副作用のない漢方などの薬にかえるなどの治療法もあるので、神経質になる必要はありません。

 

また赤ちゃんの肌の清潔を保ち、乾燥肌のアトピー対策で保湿するなどのスキンケアも大切です。
ジクジクした湿疹は無香料で殺菌力の強い赤ちゃんのアトピー用石鹸で、乾燥した湿疹なら脂分を取りすぎない、弱い石鹸を使って、強くこするのではなく、やわらかいガーゼや手のひらでやさしく洗って、皮膚の汚れを落としてあげましょう。

 

最近はアトピーの赤ちゃん用に漢方の石鹸もあるようですし、麦飯石、よもぎ風呂や馬油、アンダーム軟膏、紫雲膏なども赤ちゃんのアトピー対策で使われています。
アトピー性皮膚炎は体質なので、すぐに完治することはありません。長期にわたる体質改善なりの治療が必要です。しかし7〜8割は思春期には治ることでしょうから、焦って極端な治療に走らず、気長にケアを続けましょう。