赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の症状は、早い場合生後2〜3ヶ月ごろから、遅い場合でも1歳前に発症するケースが多く、別名「乳児アトピー性皮膚炎」ともいいます。

 

赤ちゃんのアトピーは、胸やおなか、手足以外にも、耳や首、背中など、身体全体に出ます。
この症状が2ヶ月以上続くような、慢性・再発性の湿疹が、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の特徴でもあります。

 

0〜1才までは、食物アレルギーを持つ赤ちゃんの場合、症状をより悪化させる特徴も併せ持っていますので、アトピーの原因になる食物として、0才では卵、牛乳、小麦、大豆などが代表的ですが、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は決してイコールではありません。

 

 

PR:赤ちゃんのアトピー対策に!

 

アレルギーとアトピー

そもそもアトピー性皮膚炎は、アレルギー症状の一つであり、ケガのような外部要因が原因となる状態とは違い、自分の身体が生体反応として引き起こしています。アレルギー症状として現れている以上、良くない状態ではありますが、身体の免疫機能(防衛反応)の結果として現れているとも言えます。

 

自分の身体が起こしている反応ということは、その原因がわかれば、自分の身体でその反応を抑えることも可能であると考えられます。
 赤ちゃんにアトピー性皮膚炎の疑いがある場合は、小児科か皮膚科で血液検査だけでなく、皮膚で食物アレルギーの検査を受けて、医師の指示に従い治療しましょう。
やみくもな食事制限は、栄養障害を起こす危険性もあるので、決して素人判断はしないことが大切です。

 

アトピーの検査

検査は、血液を採ったり皮膚テストをして、食物に反応してアレルギーを起こす抗体があるかどうかを調べます。
もし、特定の食物に反応する抗体が見つかれば、実際に、その食物をやめてみることで皮膚炎が良くなるかどうか、また食べると悪化するかどうかを調べ、本当にその食物が原因かどうかを特定します。

アトピー性皮膚炎の原因

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の原因には、アレルギー要因非アレルギー要因があります。
アレルギー要因の代表的なものには、食べ物やダニ、ハウスダスト等があり、非アレルギー要因として、遺伝子、環境などがあります。
ダニ・ハウスダスト・鳥のフンといった環境由来の因子により、アトピー性皮膚炎が悪化する原因ともなりえます。

アトピーと遺伝

アトピーはとても遺伝的要素が強い病気だとも言われています。家族や血縁関係者に、アトピー性皮膚炎やぜんそく、アレルギー性鼻炎など、アレルギー体質の人がいる場合は、アトピー性皮膚炎になりやすいと考えられています。

 

こうした赤ちゃんは、皮膚が敏感でダニやホコリ、食物などの物質によってアレルギー反応を起こしやすい体質を持っている可能性が高く、アトピー性皮膚炎になりやすいと考えられます。
アレルギー以外にも、汗や汚れによって皮膚が炎症を起こしやすく、乾燥肌で皮膚の防御機能が弱い赤ちゃんもアトピー性皮膚炎にかかりやすいとされています。

 

このようなアトピー性皮膚炎にかかりやすい赤ちゃんが、実際にアトピー性皮膚炎にかかるきっかけには、前述したように次のようなものが考えられます。

  • アレルギーを引き起こす物質(ダニ、埃、塵、ペットの毛、花粉等)
  • 汗やおむつ、衣類の摩擦によっておこる刺激
  • 精神的ストレス

アトピー性皮膚炎になりやすい赤ちゃんは、こうした悪化因子(原因)によってアトピー性皮膚炎を発症します。

 

離乳食について

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎が増えている中で、その原因の一つとして、 離乳食として様々な蛋白質をとるのが少し早すぎたり、量が多すぎることもひとつの原因と考えられています。

お米中心の食事を

生後4〜5か月の赤ちゃんの場合、その時点では食物アレルギーがはっきりしない場合でも、やがて食物アレルギーがはっきりしてくることがあります。赤ちゃんのアトピー性皮膚炎の予防としては離乳食をあまり急がないようにすることです。また、小麦のアレルギーが増えているので、主食はお米中心にするほうが良いでしょう。いずれにしても、離乳食の計画は、小児科医とよく相談することも重要です。

アトピーの意外な原因

赤ちゃんのアトピー性皮膚炎に関わらず、アトピー自体、遺伝的に皮脂が非常に少ないことが原因とも言われています。近年、皮膚の一番表面の角層に存在する脂質であるセラミドが少ないという報告もあり、セラミドの生成に関わる遺伝子が注目されています。

 

またアトピー性皮膚炎の原因には皮膚に常在している細菌の影響も考えられます。細菌が病変部位から進入するなどで特異的な感染症を併発することが多いほか、湿潤した病変部位は健常な皮膚よりも常在菌の数が多いことも知られています。これらの菌体成分により免疫応答が過剰になり症状が悪化するとも言われています。

 

 またアトピーに限らず、肌に負担をかけることとして、シャワーの水道水に含まれる塩素の有害さも指摘されています。塩素除去などのシャワーヘッドを使うなり、対策が必要でしょう。